女性が多い職場で、人間関係を良好にするコツを教えてください。

女性の多い職場

巻き込まれてからでは遅い

数年前から女性が多い職場で働いています。
私自身は特に被害はないものの、女性同士のトラブルは常に目に入るため、気持ちがめいってしまう事もしばしば……。
何か人間関係を良好にするコツがありましたら教えてください。

美しい花にはとげがある

職場に女性がいるだけで雰囲気が華やぎ明るくもなります。
こうした事から今まで男性ばかりだった職場にも女性がどんどん採用されています。
ある地域では、ついに女性消防士まで登場しました。

これは女性側からすると大変うれしい事ではあるのですが、表面に出てこない部分で女性同士の陰湿な確執が生まれている事も事実なのです。
特に女性が主流だった職場では、いじめや派閥争いが日常茶飯事起きているという話しも伝わってきますから、なるべくそうしたトラブルに巻き込まれたくないと思うものの、実は女性ならではの特性がマイナスに働いて起きているのです。

女性間でのトラブル

女性は男性と比較しても弱い生き物です。
それゆえに我が身を守るために気の合わない相手を排除してみたり、群れてみたりといった行動に出てしまうのです。

女性と陰口が一体であるかのように言われる事も多いのですが、その多くはねたみやそねみあるいは対抗心である事も多いです。
男性はその点少々気が合わない相手であっても、さらりと接して深い付き合いをしないなど、関わり方はあっさりしています。

女性はさほど器用ではないので、どうしても余計に関わってしまうのでしょう。
しかとや無視は男性でもありますが、女性は特に意地悪い形で出てしまうのが悲しいところです。

男性にもわかって欲しい事

女性は弱い生き物だからこそ、自分が少しでも居心地よくいるために環境を整えようと働きますから、とても和を重んじる性質を持っている事になります。
この点を男性社員のみなさんにもしっかり理解していただいて、良い方向で良さが発揮できるように配慮してもらえたら、うれしいです。

女性が気をつける事

和を乱しすぎない事も重要ですから、お誘いがあった時にたまにはつきあってみる事も、仲良くなれる良い方法です。
お局様的先輩の多くはプライドが高い人も多いですから、敬意を感じさせる言葉使いを工夫してみる、謙虚な姿勢で接してみるなどしてみてください。

もちろん陰口軍団にはなるべく関わらない事も、派閥争いに巻き込まれないために必要です。
媚びを売る必要はまったくありませんが、最低限のコミュニケーションは必要です。

2人好かれたら上々

10人のうち2人に好かれたら上出来です。
これくらいのおおらかな気持ちで毎日を過ごせば間違いありません。

近年LINEやSNSからみのいじめも大人の世界でも増えているようですが、まず見ないのに限ります。
そして無理をしない事です。
どうしても1人で解決できないようでしたら、相談できる人を1人作っておきましょう。
深刻になる前に専門家に相談するか、転職を検討の余地に入れておきましょう。

12月 27th, 2016 by